The Blink

経験談やライフハックをまとめた雑記ブログです。

19歳男子高校生が居候を始めた理由

こんにちは、セイタです。

僕は今居候をしています。

数年ネット上で交流した友人のアパートに住まわせて頂いて、1週間ほど経ちました。

今回は少し暮らしてみてわかったことを書きたいと思います。

なんで居候しようと思ったのか

理由は簡単で、

「暇だし地元から離れたかった」

です。

特に地元が嫌いなわけでも親と不仲でもないのですが、ただ暇だなあと思ってました。

そしたらたまたま、

「もうすぐ一人暮らし始めるから来る?」

とネットの友達からLINEが来たので、

「車の免許取ったらすぐに行く」

と言って2ヶ月間教習所に費やして今に至ります。

感覚としてはほとんどお泊まりの延長ですね。

どんな所に住んでいるのか

今どんなところに住んでいるのかと言いますと、

大阪の梅田付近にあるワンルームです。

駅にも徒歩圏内なので車要らないなあと思って免許取ってからも車は買いませんでした。

居候してからわかったこと

居候して色々経験しました。

・バストイレ一緒の部屋に住む

・UberEATSの配達員の登録に行く

・アルバイトの面接を受ける

です。

特にバストイレ一緒っていうのが以外とカルチャーショックで、

以前一人暮らししていた時も、

バストイレ別にするためにわざわざ少し高い物件にしたんですね。

今思えば毛嫌いする必要もなかったかなと思います。

他にも居候なので当然ほかの人と生活して、

居候させてもらってる立場なので極力相手の生活に合わせようとしてるんです。

それで家主さんが仕事から帰ってきたら朝までゲームして昼過ぎまで寝る方なので、

・毎日朝まで起きる生活

・実家とは味付けの違うご飯を食べる

・ネットではしないような話をする

なども経験しました。

それで思ったのが、自分は以外と他人と生きていけるんだな

ということです。

自由に生活できる。というのが前提ですが、

自分が好きに生活できるなら他人が同じ部屋で何してても気にならないということがわかって、以外と暮らしていけるじゃん!

ってわかったのが良かったです。

場所を転々として色々な所で居候するのもいいなと思いました。