The Blink

経験談やライフハックをまとめた雑記ブログです。

Fate/Grand Orderを遊んで行く

f:id:pep-min:20180615161032p:image

友達の勧めでFGOをはじめることにしました。

f:id:pep-min:20180615161247p:image

まず最初にバトルのシュミレーションを受けます。

バトルのチュートリアルですね。

セイバーランサーはアニメ等でよく見たことあるのですが、アーチャーのキャラはエミヤじゃないんですね。

f:id:pep-min:20180615161423p:image

f:id:pep-min:20180615161440p:image

そしてシュミレーションを終える主人公。

疲れからか、不幸にも床で爆睡してしまう。

それを見つけたフォウと、主人公の事を先輩と呼んでくるマシュ。

カルデアの技師のレフと知り合います。

f:id:pep-min:20180615161747p:image

主人公の名前はぐだ子にします。

f:id:pep-min:20180615161833p:image

なんと主人公は、一般公募で人数合わせに合格した訓練をまったく受けてないズブの素人。

それだけ人手が欲しいんですね。

マシュがぐだ子の事を先輩と呼ぶのは、

・ぐだ子くらいの歳は皆先輩にあたるから(年下)

・ぐだ子がいちばん人間らしいから

だそうです。

訓練された魔術師って人間性を捧げてるんですかね。

f:id:pep-min:20180615162334p:image

そして所長の説明会に遅刻していきます。

所長の名前はオルガマリー。

止まらなそうな名前してますね。

主人公はシュミレーションの疲れで一番前の席で眠りこけて、所長からビンタをもらいました。

しかもミッションから外されてしまいます。

f:id:pep-min:20180615162819p:image

そして自室まで案内して貰って、

なんとランチくらいなら奢ってくれるそうです。

いい後輩ですね。

f:id:pep-min:20180615162958p:image

自室に入ると、空き部屋でサボってたロマニという医師と会いました。

ロマニはフォウを初めて見たようで、

噂の生物と称しています。

マシュ以外にはほとんど姿を見せなかったんですね。

どうやらロマニは仕事がなくて追い出されたそうで、

暇つぶしにぐだ子と話をしようということになり、カルデアの構造のお話をしてくれます。

そして唐突に起きる火事。

マシュが巻き込まれているかもしれないと助けに行くぐだ子とフォウ。

f:id:pep-min:20180615163538p:image

まさかの生存者0人。

これは丘People!?

しかも人為的に仕組まれた爆発なのだそうで。

f:id:pep-min:20180615163715p:image

ぎりぎりまで生存者探しをしていると、

死にかけで助かりそうもないマシュを発見します。

f:id:pep-min:20180615163853p:image

これは握りますわ。

f:id:pep-min:20180615164034p:image

起きたらマシュがエロ衣装で立ってた。

しかもマスターとか呼んでくる。

f:id:pep-min:20180615164150p:image

事情を聞きたいのに空気の読めない敵。

f:id:pep-min:20180615164356p:image

マシュ強い。

f:id:pep-min:20180615180501p:image

経緯不明だけどサーヴァントと融合してどうにか生きてたらしいです。

よかったよかった。

f:id:pep-min:20180615180639p:image

なんとぐだ子がマスターとして登録されているらしいです。

訓練一切積んでないのに大丈夫かな.....。

f:id:pep-min:20180615180854p:image

所長もどうやら飛ばされていたようです。

f:id:pep-min:20180615181246p:image

そしてファーストミッションの参加者は全員危篤。

カルデアスタッフも20名満たない。

絶望的ですね。

f:id:pep-min:20180615181951p:image

初の10連はマリーアントワネットちゃんです。

f:id:pep-min:20180615182020p:image

フレンドの土方歳三と一緒にストーリーを進めていきます。

f:id:pep-min:20180615182641p:image

ここで疑問、説明会でミッションから外されたのになんで運が良いんでしょうね。

キリがいい所までやったのでここまでにします。