pep-min report

生活やオピニオンや学んだことについて書いていく雑記ブログ

好きな文章を書けなくなって

自分が他人の目が気になって仕方がなくなったのはいつからだろうか。

外を歩く時はもちろん、それはネットでも拗らせてると思う。

たとえばブログを書くときも、見出しがどうこうとか、文字数がどうこうとか。

考えてない時の方が伸び伸びしていてたくさん書けていたとおもう。

それでもいつの間にか特定の型にハメたような文章しか書けなくなっていたし、

読まれないからと書くのを辞めていた気がする。そりゃ文章を公開してもいないのに読まれるわけがない。

しかも内容事に、これはあの人には読まれたくないなあ。とか考えてたりする。

自分の文章を自分の知り合い全員が読んでいると考えるのは自意識過剰もいい所だ。

いつの間にか、稼げる文章しか書いてはいけないという呪いにかかってたように思える。

それを解呪しないといけない。